作業服の人

テレビアンテナ工事をしよう|テレビっ子は注目

問い合わせから確認まで

アンテナ

専門知識と技術が必要

テレビが二重に映ったり、全く映らなくなったりといった不具合があり、地デジアンテナ工事を依頼するときには、地デジアンテナ工事の流れを知っておくと電気工事店の説明がわかりやすくなります。電話やメールで電気工事店に問い合わせをすると現地調査からスタートします。不具合の問題が明らかになっていて工事内容が明らかな場合は現地調査が不要な場合もありますが、地デジアンテナ工事は現地調査をしないと追加工事が発生することがあるため、信頼のおける業者は必ず専門知識を持ったスタッフが調査を行い、工事計画を策定して見積もりを提示してくれます。工事内容に納得したら、工事日時を調整します。地デジアンテナ工事当日の作業は、屋根やベランダなどの高所での作業になります。昔からあるUHFアンテナは屋根の上に支柱を組んで設置します。最近の住宅の壁にマッチした外見のデザインアンテナは風や雪による影響を受けにくいため人気になっていますが、電波状況によっては設置ができないことがあります。アンテナとブースター設置の作業は、大体2時間から3時間位かかります。各受像器近くのテレビ端子のレベルを測定します。レベル測定は専門の機器を使いますが、実際のテレビを使っての受信確認も行いますので、テレビが用意できていればチャンネル設定も行ってくれるので近くにおいておくようにしましょう。地デジアンテナ工事を自分で行うことは控えましょう。高所作業で誤っての転落が考えられる上に、素人工事は火災や感電といった事故が考えられるので、専門知識と技術を持った電気工事店に任せるようにしてください。